プラスα空間

ブログ in お市 のーと

CloudFlareのRocket Loaderがすごい

ウェブサイトの表示速度を改善するために、CDN (Contents Delivery Network)のCloudFlareを利用しています。

CloudFlare利用中

一部、不満な点もありますが、おおむね満足です。そのCloudFlareにβ版ながら、新機能が加わっていたので、使ってみました。使い方は簡単で、SpeedRocket LoaderAutomaticに設定するだけです。すぐに反映されます。

Rocket Loader

これを設定する前のGTmetrixでのスコアは次の通りです。

CF

ひどい! YSlowがC判定です。その前は、A判定を取れていました。

WordPressの高速化

原因はおそらく、次のプラグインをバージョンアップしたためだと思います。設定していないはずなのに、LinkedInとPinterestへのアクセスが発生しています。なぜだ〜。

そのため、F Grade判定が4項目もあります。

YSlow C

そんな時に、見つけたCloudFlareのRocket Starter機能です。説明を読むと、JavaScriptを使っているページのロード時間やリクエスト数を削減する効果があるみたいです。これをAutomaticに設定した後のGTmetrixのスコアは以下の通りです。

CF+RocketLoader

もんげ〜。劇的に改善しました。今まで見た事がないスコアです。YSlowだけではなく、PageSpeedも改善されています。なんと100%! 確かに、ページの読み込み時間もサイズもリクエスト数も小さくなっています。

Rocket LoaderのHelpを見ると、次の記載がありました。

外部リソースを含んでくれるところが素晴らしいです。本ウェブサイトのトップページは、twitterのタイムラインを表示するウィジェットを置いているため、どうしても外部リソースへのアクセスが発生してしまいます。これがなくなる事で、劇的にPageSpeedとYSlowのスコアが改善されたのだと思います。

基本的に、Automatic設定で大丈夫なようです。Automaticにすると、全JavaScriptが対象になります。

Manualを使う場合は、HTMLソース中で、attributeにdata-cfasync=”true”を記述した(必ずsrc指定の前に)JavaScriptが対象になります。

Rocket Loaderはβ版なので、不具合があるかもしれませんとのことです。ですが、CloudFlareをお使いの方は、試してみる価値はあると思います。

ちなみに、YSlowで100%を取れない理由は、Priority Lowながらも、”Use cookie-free domains”がFだからだと思います。

cookie free domain = F

Cookieが付くのは、WordPressの問題ではなく、CloudFlareの仕様なので、どうしようもありません。

試しに、CloudFlareからDNSを切り離すと、”Use cookie-free domains”の項目がAになります。

Cookiefree Domain

CloudFlareのRocket Loaderがすごい”に“1”個のコメント

コメントを残す