プラスα空間

ブログ in お市 のーと

Macbook Pro 15(Early 2011)を再調理〜心のかたち、人のかたち〜

GPU周りが壊れたMacbook Pro 15 (Early 2011)を、ホットプレートで焼いて直しました。

ところが、一週間も持ちませんでした。4日目に再故障です。

はぁ〜、ダメか〜。仕方なく、再度分解して、再加熱しました。今回は、ちょっと長めに加熱しています。

再組み立てして、電源を入れた所、画面が真っ暗なまま「ピー、ピー、ピー、…」となって、起動しません。ヤバい…。

ロジックボードへのコネクタ接続を見直しました。特に、キーボードケーブルは念入りに。そして、再度電源ON。光学ドライブのシーク音がして、起動音がなり、ノイズの無いアップルマークが現れ、ログイン画面が出て来ました。やった〜。

正常なAppleマーク

Macbook Pro 15 (Early 2011)のGPUにまつわる話は、きちんとまとめようと思っています。

Macbook Pro 15の調理中

ちなみに、こんな感じで焼いています。加熱前の状態です。加熱中は、ストップウォッチと温度計とのにらめっこなので、写真を撮れません。

コメントを残す