プラスα空間

ブログ in お市 のーと

バックアップ用ディスクをZFSプールとして設定

HDDを2台増設しましたが、物理的に接続しただけで、FreeBSDからは使える様になっていませんでした。

それを、ZFSの一つのプールとして使える様にします。2台はmirroringディスクとします。購入したディスクは、4kiBセクターのAFTディスクでした。

# diskinfo -v ada0
ada0
    512             # sectorsize
    500107862016    # mediasize in bytes (465G)
    976773168       # mediasize in sectors
    4096            # stripesize
    0               # stripeoffset
    969021          # Cylinders according to firmware.
    16              # Heads according to firmware.
    63              # Sectors according to firmware.
    X3TST8EBT       # Disk ident.

イマイチ調べきれていないのですが、”stripesize”が4096になっていると言うのが、4096バイト(4kiB)セクタと言う事だと思います。

次の様にGPTパーティションを切ります。

# gpart create -s gpt ada0
# gpart add -a 4k -t freebsd-zfs -l bkup0 ada0
# gnop create -S 4096 ada0

次のウェブページを参考にしています。Thank you!

ada1に対しても、同様の処理をします。

# gpart create -s gpt ada1
# gpart add -a 4k -t freebsd-zfs -l bkup1 ada1
# gnop create -S 4096 ada1

次に、zfsのpoolを作ります。

# zpool create bpool mirror gpt/bkup0 gpt/bkup1
# zfs list
NAME                             USED  AVAIL  REFER  MOUNTPOINT
bpool                             91K   457G    31K  /bpool
# zfs set mountpoint=none bpool
# zfs create bpool/backup
# zfs list
NAME                             USED  AVAIL  REFER  MOUNTPOINT
bpool                            142K   457G    31K  none
bpool/backup                      31K   457G    31K  none
# zfs set mountpoint=/backup bpool/backup
# zfs list
NAME                             USED  AVAIL  REFER  MOUNTPOINT
bpool                            150K   457G    31K  none
bpool/backup                      31K   457G    31K  /backup
# df
bpool/backup                    478936968        31  478936937     0%    /backup

zfs list, dfの部分は、抜粋表示です。新しく作った、bpool/backupが、/backupにマウントされました。

ZFS構成

次は、このバックアップディスクの運用方法を決める必要があります。

コメントを残す