プラスα空間

ブログ in お市 のーと

CentOS6.4にSRPMでnetatalk3.0.4をインストール[追記あり]

技術的にはあまり価値は無いのですが、実証例と言う事で記事を書きます。

私は、Macbook Pro 15 (Early 2011)に、最小システムのCentOS 6.4(64bit版)をインストールして、その上にnetatalk 3.0.4をインストールしました。

基本的に、次のページに書かれている通りに進めます。

ご説明ありがとうございます。

次の手順で、インストールします。

  1. 準備
    1. SRPMのダウンロード
    2. sudoersの追加
    3. 基本コマンドのインストール
    4. TimeMachine用ディレクトリの作成
    5. ポート開放
  2. rpmbuild
  3. インストール
  4. 設定ファイル(/etc/afp.conf)準備
  5. サービス登録と起動
  6. 接続テスト

他人が立ち上げた環境をそのまま使うと言うのは、何と簡単な事でしょうか!

1. 準備

1.1 SRPMのダウンロード

CentOS 6用の、”netatalk-3.0.4-0.0.3.el6.src.rpm”をダウンロードしてきます。

1.2 sudoersの追加

私は、次のページを参考にさせていただきました。

# visudo

rootの次の行に、自分のアカウントを追加します。

## Allow root to run any commands anywhere
root    ALL=(ALL)       ALL
your    ALL=(ALL)       ALL

1.3 基本コマンドのインストール

次の工程(rpmbuild)で、rpmbuildとmakeが必要です。yumでインストールします。

$ sudo yum install rpm-build
$ sudo yum install make

(追記 2013-08-09 22:40)

次の工程のrpmbuildで、足りないパッケージは警告してくれるのですが、”make”は既にインストールしてある物として、このSRPMは作られている様です。

“make”などはパッケージに必要な物とは書かないそうです。

1.4 TimeMachine用ディレクトリの作成

存在しないので作ります。

$ sudo mkdir /export
$ sudo mkdir /export/timemachine
$ chmod 777 /export/timemachine

1.5 ポート開放

netatalkが使う548(TCP/UDP)とmDNS(Avahi-Daemin/Bonjour)が使う5353(UDP)を開放しておきます。

$ sudo vi /etc/sysconfig/iptables

追加する内容は、次の通りです。

-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 548 -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp --dport 548 -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp --dport 5353 -j ACCEPT

設定したら、iptablesを再読み込みします。

$ sudo service iptables restart

次のページを参考にさせていただきました。

2. rpmbuild

$ cd
$ rpm -ivh netatalk-3.0.4-0.0.3.el6.src.rpm
$ cd ~/rpmbuild/SPECS/
$ rpmbuild -bb netatalk.spec

初回の、rpmbuildで、インストールされていないパッケージ一覧が表示されます。表示されたパッケージを、yumコマンドでインストールします。まとめて指定できます。

$ sudo yum instal cracklib-devel ...

そして、もう一度、rpmbuildを実行します。

$ rpmbuild -bb netatalk.spec

3. インストール

次の通りにして下さい。

$ cd ~/rpmbuild/RPMS/x86_64/
$ sudo rpm -ivh netatalk-3.0.4-0.0.3.el6.x86_64.rpm

4. 設定ファイル(/etc/afp.conf)準備

$ sudo vi /etc/afpd.conf

設定する内容は、次の通りです(例)。

[Global]
    mac charset = MAC_JAPANESE
    afpstats = yes
    log file = /var/log/netatalk.log

[Homes]
    basedir regex = /home

[My Time Machine Volume]
    path = /export/timemachine
    time machine = yes
    vol size limit = 512000

5. サービス登録と起動

$ sudo chkconfig on avahi-daemon
$ sudo chkconfig on netatalk
$ sudo service avahi-daemon start
$ sudo service netatalk start

起動時にサービスがスタートする様に設定されます。run level 3, 4, 5でONになります。

$ chkconfig | egrep 'avahi|netatalk'
avahi-daemon       0:off    1:off    2:off    3:on    4:on    5:on    6:off
netatalk           0:off    1:off    2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

これで、OS X 10.8 Mountain Lionから、CentOSが見える様になります。ダブルクリックして、接続します。

6. 接続テスト

基本的な、接続試験をします。

テスト項目OS X 10.8.4
サーバーを見つけられるか?OK
フォルダを作れるか?OK
MacからCentOSにコピーできるか?OK
CentOSからMacにコピーできるか?OK
コピーされたファイルのパーミッションはどうか?OK
コピーされたファイルのタイムスタンプはどうか?OK
ファイルの拡張属性はどうか?OK
“:”の様な特殊文字はどうか?OK
長いファイル名はどうか?OK
TimeMachineでバックアップできるか?OK

正しく動作していると思われます。

(追記 2013-08-09 20:40)

HATさんのご指摘により、rpm-buildへの変更、ビルドに必要なパッケージの説明、chkconfigの設定を変更しました。

続きの記事を書きました。

CentOS6.4にSRPMでnetatalk3.0.4をインストール[追記あり]”に“1”個のコメント

コメントを残す