プラスα空間

ブログ in お市 のーと

OS X LionをDNSサーバにしてWordPressのマルチサイトの実験をしました(1/2)

WordPressのマルチサイト(サブドメイン形式)を実験しようとすると、サブドメイン名でWordPressサーバ(OS X 10.7.3 Lion)にアクセスできるようにする必要があります。

最初、/etc/hostsファイルに、別名として定義すればよいのでは? と思っていましたが、ダメでした。

ネームサーバ(BIND)を立ち上げなければならないのか…。めんどい…。と思っていたら、次のページを発見しました。ありがとうございます。

ここで紹介されている手順は、次の通りです。

  1. “sudo rndc-confgen -a”で、/etc/rndc.keyを生成する
  2. /var/named/named.caを最新の物にする(最新版は、次のURLにあります。ftp://ftp.rs.internic.net/domain/named.root)
  3. /var/named/localhost.zoneの、”42 ; serial (d. adams)”となっている数字を、一つ以上大きくする(43とか100とか)
  4. /var/named/localhost.zoneの最後に、”* 1D IN A 127.0.0.1″を追加する
  5. “sudo launchctl load -F /System/Library/LaunchDaemons/org.isc.named.plist”で、namedを起動する
  6. 「システム環境設定」→「ネットワーク」→「詳細」→「DNS」の「DNSサーバ」に、”127.0.0.1″を追加する(“127.0.0.1″は、一番上に来るようにします。)
    20120322local_dns

これで、Firefox/Safariなどから、www.localhostなどとしてアクセスできるようになります。

ターミナルで確認する時は、次のようにします。

$ nslookup
> www.localhost
Server:        127.0.0.1
Address:    127.0.0.1#53
Name:    www.localhost
Address: 127.0.0.1
> blog.localhost
Server:        127.0.0.1
Address:    127.0.0.1#53
Name:    blog.localhost
Address: 127.0.0.1
> exit
$

先ほど紹介したページには、上記6の手順が記載されていません。最初、これにはまりました。わかってしまえば当たり前なのですけれど、気付くまでが大変でした。

これで、ネームサーバが動いているMacの中だけでなら、マルチサイト(サブドメイン形式)でアクセスできるようになります。

ですが、同じサブネット内にいる他のPCや、iPod touch/iPadからはアクセスできません。

これを解決する方法は、また別の記事で書こうと思います。

なお、上記のやり方だと、シャットダウン(システム終了)すると、DNSサーバも止まってしまいます。

いつもDNSサーバが起動するようにするためには、launchctlのオプションに、”-F”ではなく”-w”を指定します。

$ sudo launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/org.isc.named.plist

こうしておく事で、再起動しても、自動でDNSサーバが立ち上がります。

【シリーズ記事】

コメントを残す