プラスα空間

ブログ in お市 のーと

OS X LionにWordPressをインストール(4/5)

今年の目標の一つは、ホームページとブログの統合です。

この一環として、OS X Lionに、WordPressをインストールする事にしました。

前回の続きです。

以下のやり方は、次の記事で紹介される内容に準拠しています。ご解説ありがとうございます。

ここから、"wp-local-lion-20110903.pdf"をダウンロードしておいて下さい。

参考の記事の通りの設定に従っています。参考記事では、Create Commonsに従うとの事で、この記事に関しては、同様の扱いとします。

4. phpMyAdminのインストール〜データベース作成

  1. ダウンロード
  2. インストール
  3. 起動
  4. パスワード設定
  5. ユーザ作成
  6. データベース作成

phpMyAdminを使うと、MySQLのコマンドを覚えずに、データベースを管理できます。

4-1. ダウンロード

ダウンロードページは、次のところです。

ここから、"phpMyAdmin-3.4.10.1-all-languages.tar.gz"などをインストールしてきます。

4-2. インストール

ダウンロードしたファイルを、apacheのドキュメントルートで展開します。

$ cd /Library/WebServer/Documents
$ sudo tar xvzf ~/Downloads/phpMyAdmin-3.4.10.1-all-languages.tar.gz
$ sudo mv phpMyAdmin-3.4.10.1-all-languages phpMyAdmin
$ sudo chown -R www:www phpMyAdmin
4-3. 起動

Webブラウザで、http://localhost/phpMyAdmin/にアクセスします。

20120313phpmyadmin2

このような画面が開くと思います。

赤枠で囲んだ警告が出ますが、「mycrypt拡張がありません。PHPの設定をチェックしてみてください。」と出ますが、家庭内LAN環境の中でしか使わないということで、無視します。

これを解消するためには、mcryptをインストールする必要があります。インストールを試みましたが、面倒そうなので止めました。

簡単に解決するには、MacPortsのPHPを使うのがよいと思います。ただ、そうすると他にも色々設定を変える必要があります。

ユーザ名は"root"、パスワードは次の記事の1-4.で設定したパスワード("newpassword")でログインします。

4-4. パスワード設定

最初、localhostのrootパスワードが付いていませんので、設定します。

「特権」→「特権を編集」で、パスワードを設定します。

20120313phpmyadminlocalpass_2

この画面は、すでにパスワードを付けています。最初、パスワード欄が「いいえ」になっている所があるので、ここの「特権を編集」をクリックし、パスワードを設定します。

"wp-local-lion-20110903.pdf"の、26ページです。

4-5. ユーザ作成

次に、WordPressで使うユーザを作成します。

phpMyAdminの画面から、「特権」をクリックして下さい。

20120313phpmyadminnewuser_add

「特権」→「新しいユーザを追加する」で、次のウィンドウが開きます。

20120314phpadminnewuser2

(1)「ユーザ名」(wpuser)、(2)ホスト(ローカル)、(33)パスワード(wppasswd)を入力します。ユーザ名、パスワードは、適宜変更して下さい。

(4)「ワイルドカード(ユーザ名_%)に該当するデータベースに全ての特権を与える」にチェックを付けておきます。

(5)上記(4)で十分なはずですが、私はグローバル特権に全てのチェックを入れています。セキュリティ的には甘くなってしまっていると思います。

(6)「ユーザを作成する」をクリックして完了です。

"wp-local-lion-20110903.pdf"の、27ページです。

4-6. データベース作成

次に、WordPressで使うデータベースを作成します。

phpMyAdminの画面から、「データベース」をクリックして下さい。

20130314phpmyadmindb

(2)データベース名(wpuser_wp33)、(3)照合順序(utf8_general_ci)を選び、最期に(4)作成をクリックします。

"wp-local-lion-20110903.pdf"の、28ページです。

【シリーズ記事】

コメントを残す