プラスα空間

ブログ in お市 のーと

iPadにつないだBluetoothヘッドフォンから音が聞えないとき

この現象で、かなりハマったので、メモしておきます。

iPadに入れた音楽を、BluetoothでつないだDRC-BT60Pで聴いています。

最初は、iPod touchにペアリングして使っていましたが、iPadを入手してからは、iPadにペアリングして使っています。

その間、電車でiPadを使っています。

ところがある日、カバンにiPadをしまった直後に、ヘッドフォン(イヤフォン)から音が聞えなくなってしまいました。

DRC-BT60Pのボリュームを上げ下げしても、状況が変わりませんでした。

ですが、最寄駅だったので、気にせずそのまま帰宅しました。

ところが、翌朝も音が聞えないままです。

iPadとDRC-BT60Pの表示を見ると、接続状態になっています。Bluetooth系は正常みたいです。

DRC-BT60Pにつないであるイヤフォンを直接iPadにつなぐと、ちゃんと音が聞えます。イヤフォンが断線している訳ではありません。

iPadを再起動しても状況が変わりません。

う〜ん、困りました。

それで気が付いたのが、Bluetooth接続の時のiPadのボリュームが最小になっていたのです。コレが聞こえない原因でした。

iPadのボリュームを最大にして、無事聞こえる様になりました。

めでたしめでたし。

ですが、またある日、同じ様に聞こえなくなってしまいました。その時は、すぐに気が付いて、iPadのボリュームを元に戻しました。

そんな事が、数回続きました。

何故、iPadのボリュームが最小になるか、わからなかったのです。

それで、やっとその現象を掴めました! iPadをカバンにしまう時に、ボリュームを下げるボタンに、指が当たっていたのです!

iPadのボリュームボタンは、音量を上げる時はゆっくり上がりますが、音量を下げる時はあっという間に最小になります。

電車から降りる時の様に、急いでiPadをしまった時なんかは、気が付きません。

ボリュームボタンで音量を下げる時、短い時間で最小になるのは、間違って音を鳴らした時に対応するためだと思います。

iPod touchの時は、Bluetoothでつないでいる時も、ボリュームボタンで音量を下げる時、ゆっくりと小さくなって行きます。なので、ボリュームボタンを押している事がわかります。

ところがiPadだと、あっという間に音量が最小になるので、何が起きたかわからないのです。

iPadとiPod touchで、ボリュームボタンの挙動が違うなんて!

なんだかわかりにくい!

みなさんは、そんな経験はありませんか?

コメントを残す