プラスα空間

ブログ in お市 のーと

皆既月食でした

完全に、話題に出遅れました。

12月10日、皆既月食でした。天気がよかったですし、冬ですので、大気が澄んでいます。絶好の観測日和!

なのですが、皆既中は、月を見られませんでした。なぜなら、ブログを書いていたから…。

ブログを書き終わった後、ベランダに出てみたら、少し明るくなりだした月が見えました。

お気に入りのコンパクトデジカメ、ニコンS8100の最大望遠で写真を撮りました。光学ズーム+デジタルズームで、最大望遠です。そして、ISO 3200の最大感度です。f=5.6、シャッタースピードは1/12です。

20111212lunar_eclipse

手持ちです。ピントが合っていないのと、やはり手ぶれ気味。

でも、1,200mm (35mmカメラ換算) のレンズで、この程度のぶれなら上出来です。

光学ズームが300mm相当(35mmフィルム換算)で、デジタルズームが4倍だから、1,200mmレンズで撮影した事になります。

皆既日食は、完全に太陽が月の影に隠れて真っ暗になりますが、皆既月食では、月が地球の影に隠れても、赤い月が見えます。

生まれて初めて皆既月食を見た時は、それが不思議でした。

それは、月には大気が無くて、地球には大気があるからです。

地球の大気で、太陽の光が屈折して、月に当たるからです。赤いのは、夕焼けと同じで、青い光が地球の大気で散乱して、赤い光だけしか月まで届かないからです。

その理由を詳しく書いたページです。ありがとうございます。

twitterで @lham0 さんからRetweetされて来たツイートで、すごい物がありました。

月から見た、皆既日食です。意味、わかりますか? 月を回っている人工衛星「かぐや(SELENE)」から見ると、太陽が地球の影に隠れて、日食が起きています。

ビデオがあるので、ぜひ見てみて下さい。

このビデオを見て、機動戦士ガンダム(1st)のオープニングみたいだと思いました。

ガンダムのオープニングだと、太陽が先に見えていて、光のリングが拡がって行きます。

でも本当は、光のリングが拡がってから、太陽が顔を出すのですね。

【関連記事】

皆既月食でした”に“2”個のコメント
  • なつうめ より:

    綺麗に撮影されましたね。すごい!普段から使っている方はやはり強いですね。
    今使用のデジカメが、撮影するといくつも線が入るようになり、買い替えを考えています。
    いろいろ見て回るのも疲れるけど、相性のいいデジカメと出会えるといいなあ、と思っています。

  • お市 より:

    なつうめさんへ、いつもコメントありがとうございます。
    お褒めの言葉、ありがとうございます。
    でも、自分的には、手ぶれとピントが合っていないのが残念です。それと、皆既中でないのが。
    「線」が入るのは、撮像素子(CCDかCMOSセンサー)が壊れている可能性がありますね。修理すると、1万円以上かかるケースがあります。
    もう少し足すと、新しいデジカメが買えますね。
    新しいデジカメは価格が下がっているので、買い替えた方が幸せになると思います。

コメントを残す