プラスα空間

ブログ in お市 のーと

心理テスト

しばらく前に、テレビで心理テストをやっていました。

その心理テストとは、次の様な事でした。

次の事が同時に起こった時、あなたはどの順番で対応しますか?

  • 自分がトイレに行きたい。
  • 赤ちゃんが泣いている。
  • お風呂の水がいっぱいと言うアラームが鳴った。
  • 電話が鳴っている。
  • 来客のインターフォンが鳴った。

さあ、どうでしょうか?

私の回答は次の通りで、SMAPの中居さんと同じでした。

  1. 赤ちゃん
  2. インターフォン
  3. 電話
  4. お風呂
  5. トイレ

私がこの順番にした理由は、次の通りです。

  1. 赤ちゃんが泣くと言う事は、最大の緊急度です。対応を急がなければなりません。赤ちゃんは、待てませんから。
  2. インターフォンを鳴らすと言う事は、わざわざ家まで来ている人がいるのだから、対応を急ぐ必要があります。
  3. 電話は、着信履歴が残りますし、本当に大事だったら書け直して来るでしょう。
  4. お風呂が溢れそうでも、上記3つを対応した後、あるいはその途中の対応でも、何とかなります。
  5. トイレは、自分の事だから我慢すれば良いし、上記4つの後、あるいはその途中でも、何とかなります。

いかがでしょうか?

この順番は、「人生の中で、何を優先するか」と言う事だそうです。

出来事対応するもの
トイレ自分
赤ちゃん家族
お風呂お金
電話
インターフォン友人

つまり私の場合、次の優先度で行動していると言う事です。

  1. 家族
  2. 友人
  3. お金
  4. 自分

当たっている気がします…。

この記事を書くにあたり、参考にしたのは次のブログです。ありがとうございます。

う〜ん、中居さんは、この心理テストを受けるのは2回目なんだ〜。

コメントを残す