プラスα空間

ブログ in お市 のーと

ガンダムUC episode 4を観ました

11月23日、機動戦士ガンダムUC(ユンコーン) epsode 4「重力の井戸の底で」を観てきました。

多少のネタバレが入るかもしれません。ご容赦下さい。

次の映画館で観てきました。横浜の桜木町駅のすぐ側にあります。

朝一の上映、9:10〜10:30です。横浜ブルク13は、8:30に入り口が開きます。

場内の座席は、隣と分離されています。肘掛けが専用になっています。肘掛け部分のカップホルダーも専用です。左右に付いています。イスも座り易く、疲れませんでした。

ただ、発券システムはモロいかも。私が使用した機械、および隣の機械も、係員対応になってしまいました。う〜ん。最初から、有人カウンターに行けば良かったかも。

映画館で観ると、episode 1〜3のダイジェスト映像が流れるのですね。今までのあらすじを思い出せます。

本編は、ガンダムUCが大気圏に落ちていく所です。描写は無かったのですが、ネオ・ジオンの輸送船(ただし、偽装)「ガランシェール」(船長は、ジンネマン)につかまって(捕まって? 掴んで?)、大気圏を突破したみたいです。

ガンダムUCが大活躍! ってシーンは無かったと思うのですが、モビルスーツ戦は存分にあります。

なんだか、「戦争なんだから」と言って、どんどん人が死んでいきますね。見ていて、辛いです。

バナージは、モビルスーツを動かしているのは生きている人間で、できる事なら殺したくないと思っています。今回は、それが前面に押し出されていたと思います。

「モビルスーツなら、人間じゃないんだ」って言って、無慈悲にコックピットを集中攻撃していたアムロとは大違いです。

今回、ブライトが登場します。でも、ブライトの声優だった、鈴置洋孝さんは亡くなっているのです。

新しい声優の成田剣さん、良かったです。声も雰囲気も似ていて、違和感がありません。

バナージは、地球連邦軍の人達ともネオ・ジオンの人達ともかかわり合って、どちらに付く事もできず、精神的に耐えられなくなってしまわないのかな…。大丈夫かな…。

なお、次作は、2012年5月公開予定の、「黒いユニコーン」です。

また、観に行きたいと思います。

【関連記事】

コメントを残す