プラスα空間

ブログ in お市 のーと

セキセイインコの「ぴるる」

9月23日に、セキセイインコのヒナをお迎えしました。名前は、「ぴるる」です。名前の由来は、鳴き声「ピルリ」から取りました。

20111001piruru1

8月13日生まれ(推定)の子なので、生後6週間位の頃から育てています。

オスかメスかは、もう少し成長しないと、わかりません。性格からして、男の子じゃないかと、予想しています。

それでも、ヒナとしてはかなり成長した方で、手乗りとして慣らせるギリギリ位じゃないですかね?

まだ挿し餌(さしえ)が必要で、4〜6時間毎のエサやりとなります。結構大変…。

実は今、遅めの夏休みをもらっていて、その機会に合わせてのセキセイインコ購入でした。

羽は生え揃っていて、飛べます…。お迎えした当日、エサをやろうと、ケージ(カゴ)から出したら、いきなり飛びました。(-_-)

まだ飛べないだろうと思い込んでいたので、ビビりました。

その後すぐに、右羽の風切り羽を切りました。これで大丈夫かと思ったのですが、切り方が不十分だったようで、まだ飛べます。飛ぶ速さが遅くなって、飛ぶ距離も短くなった感じです。

全く飛べなくすると、逃げる事ができなくなってしまうので、まあ、ちょうど良い感じですかね。

セキセイインコを買うのは、生涯で三度目です。

一度目は、雛が小さすぎて、それと寒い季節だったのとで、数日で死んでしまいました。

二度目も雛から飼って、すごく慣れていました。5年以上生きていたと思います。でも最後は、悲しいお別れだったのです。

今回は、ちゃんと育てたいと思います。

お迎えしてから一週間経って、だいぶ慣れてきました。肩に飛び乗ってきます。

20111001piruru2

ぴるるに話しかけていると、子供に話しかけている感じになっちゃうんですよ。

「おなか、すいたんでちゅか?」「ねむたいの?」とかね。

可愛くて、たまりません!

セキセイインコの「ぴるる」”に“2”個のコメント
  • なつうめ より:

    小中学校の頃、一時期、手乗り文鳥を育てたことがあります!なつかしい。
    #そういえば、あの頃は小さなスーパーにも、ペットショップ数がもう少しあったような気がします。
    なつくとかわいさもひとしおですよね!
    ただし。もうご承知の通り「餌の口移し」などはしないほうがいいと思います。
    「人と家畜の間の共有の感染症」や「動物のメタボ」は、結局短命につながりますからね。
    手乗りセキセイインコのいる生活。楽しんでくださいね!

  • お市 より:

    なつうめさんへ、いつもコメントありがとうございます。
    文鳥も可愛いですね。近所の友達が、文鳥を飼っていました。
    ペットショップは、やはり減って来ていると思います。
    インコの場合だと、オウム病ですね。気をつけます。

コメントを残す