プラスα空間

ブログ in お市 のーと

willとbe going toの使い分け

中学校の英語で、"will"も"be going to"も未来系だと習いました。でも、その使い方には、明確な違いがあるのですね。

"will"は、その場で判断する、未来に起きる事を指す時に使われます。

"be going to"は、過去のある時点で決められた、未来に起きる予定を指す時に使われます。

知らなかった…。

中学校の時は、"will"は「〜でしょう。」と訳し、"be going to"は、「〜するつもりです。」と訳すと習いました。

その違いが良くわからなかったのですが、"be going to"は、話す時点で、もう未来にする事を決めているので、「〜するつもりです。」となるのですね。

例文をあげると、次の様になります。

I will visit to the art museum.

この場合だと、「私は美術館に行くかもしれないよ。」位の意味で、

I am going to visit the art museum.

となると、例えば、既にチケットを買ってあったりして準備中で、「私は美術館に行くからね。」位の意味になります。

多分。

現在進行形の形をしているのは、取りかかり中だからなんでしょうね。

willとbe going toの使い分け”に“2”個のコメント
  • HAT より:

    Imma visit the art museum.
    だと、ラッパーみたいでかっこいいです。(ほんとか?)

  • お市 より:

    HATさんへ、いつもコメントありがとうございます。
    Immaと言う表現もあるのですね。
    省略語をマスターするのも、課題と思っています。

コメントを残す