プラスα空間

ブログ in お市 のーと

San Francisco (1/2) [追記あり]

サンフランシスコに観光に行ってきました。サンフランシスコには、10年位前に2回程行った事があります。その時は、こちらを良く知っている方に案内していただきました。その節は、お世話になりました。ありがとうございます。

今回は、全部一人で回っています。

行った事があるのに、なぜ、サンフランシスコ観光? と思われるでしょうね…。それはですね、今年の6月末から7月初めにかけて、三倉茉奈さんと三倉佳奈さんがアメリカ旅行に出かけていて、サンフランシスコに立ち寄ったからです。

三倉茉奈さんと三倉佳奈さんが立ち寄ったと思われる場所を訪ねてみました。

上記のブログ記事と、マナカナファンクラブ会報「Smile Vol.85」に依ると、彼女達が訪れた所は次の所です。

  1. ゴールデンゲートブリッジ
  2. ケーブルカー
  3. ケーブルカーの立ち乗り
  4. フレンチトースト
  5. シーフードパスタ(カニ、エビ入り、トマトソース)。カワイイ器
  6. Fisherman’s Wharf
  7. どこかわからないけれど、ハットを被ってピース

全部、回りたい…のですが、やはり限界があります。以下、結果です。

1. ゴールデンゲートブリッジ

ゴールデンゲートブリッジは、公共交通機関で、どうやって行けば良いのか良くわかりません。時間もありませんし、ハードルが高すぎるので、パスしました。

昔、連れて行ってもらった事はあります。冬だったと言う事もあり、むっちゃ、寒かった〜。

(追記 2011-09-20 18:23)

検索したら、公共交通機関で、ゴールデンゲートブリッジに行く方法が出てきました。

2. ケーブルカー

まず、最初の目的がコレです。調べた所、BARTのPowell St.駅に、ケーブルカーの乗り場がある様です。

BARTの駅から地上に出たら、乗り場はすぐにわかりました。でも、チケット売り場がわかりませんでした。ケーブルカーの係員に聞いたら、チケットブースがあるので、そこで買えと。

20110917sf_cable_ticket

デパートの前の、小さいブースがそれです。写真の撮り方が悪くて申し訳なかったのですが、このすぐ右が、ケーブルカー乗り場になっています。

このブースは、前から見ると、次の写真の様になっています。

20110917sf_cable_ticket_zoom

ちゃんと、"tickets"って、書いてありました。

ここで、チケットを購入します。チケットを買うだけでも、10分位並びました。

チケットは、1回乗車で$6.00です。私は、往復利用するつもりでしたので、2枚買いました。何回も乗り降りするなら、一日券があります。

私は、どうしても一回券が欲しかったのです。

20110917sf_cable

Smile Vol.85を読んだ人は、この構図にピンと来るはずです。でも、茉奈さんと佳奈さんが行った時に比べて、チケットが値上がりしています。彼女達が行った時は、$5.00でしたが、私が行った時は$6.00になっていました。値上げするの、早すぎない?

まずは、「チケットとケーブルカーの写真」、目的クリアです。

Wikipediaに依ると、値上げは7月だった様です。と言う事は、彼女達が乗ったのは、6月か。

チケット購入後、列に並びました。乗車するまで、30分以上かかりました。

並んでいる時に、前に立っていた親子が、「ケーブルカーは、地中のケーブルをガシっとつかむ事で進むんだよ。そのレバーが、アレだっ!」って話していました。う〜ん、そのレバーの写真を撮るのを忘れた〜。

Powell駅からは、ケーブルカーが2路線あります。HYDE駅行きとMASON駅行きです。

彼女達は、どちらに乗ったのでしょうか?

事前に調べた所、HYDE駅行きの方が人気があるらしいので、そちらにしました。

HYDE行きとMASON行きは、交互に出発するので、希望のケーブルカーが来るまで、待つ事になります。

3. ケーブルカーの立ち乗り

挑戦しました。座席もあったのですが、最初から立ち乗りです。

座席があったのに立ち乗りした。何故だっ?

佳奈さんが立ち乗りをしていたからさ。

って、ガンダムネタが入っちゃいました。すみません。

スピードはそれほど出ていないと思うのですが、なかなか、スリルがあって、面白かったです。でも、ふざけて乗っていると、多分危険です。ケーブルカーがすれ違う時とか、結構ギリギリなんです。あまり、身を外に出すと、接触の恐れがあります。

ケーブルカーは、坂の多いサンフランシスコの街を、ぐんぐん進んで行きます。急な坂もおかまいなく、スイスイと。

走る時は、ケーブルをつかむと言う事で良いですが、止まる時はどうするのかな? ケーブルを離しただけだと、坂道だと滑っちゃうし。車体を止めるブレーキがあるのでしょうね。運転席に、それらしいペダルもありました。

サンフランシスコの街並みを堪能しながら、終着駅に向かいました。大体、20分から30分位だったかな? 腕がしびれて苦しかったです。腕に体重をかける様な乗り方をしていたので、疲れました。途中で、席が空いたので、着席しました。ふぅ〜。

立ち乗りしている時は気が付かなかったのですが、座席に座ると、「身を乗り出すと危険」と書かれていました。立ち乗りしている人には見えない場所に貼られているんですけれど…。(もしかしたら、見える場所にもあったのかもしれませんが、気づきませんでした)

立ち乗りしている写真もあるのですが、当然顔のアップになってしまうので、ブログに載せるのは止めておきます。

「ケーブルカーに立ち乗りしている写真」もクリアしました。

サンフランシスコって、一山そのままを、無理矢理街にしたって感じを受けました。

(続く)

【参考文献】

【関連記事】

コメントを残す