プラスα空間

ブログ in お市 のーと

Debian SargeのLANDISKにはnetatalk 2.2beta4をインストールできない

Parallelsを買いました。

最初にやったのは、VirtualPCで作ったDebian Sargeの仮想マシンを、Parallelsの仮想マシンに変換する事でした。

無事起動しました。

それで、早速試した事と言えば、「Debian sargeに、netatalk 2.2beta4をインストールできるかを調べる事」でした。

なぜかと言うと、LANDISK Home HDL4-Gに、netatalk 2.2beta4をインストールしたいからです。

インストールする理由と言うのは、LANDISK Home HDL4-Gは、OS X 10.7 Lionからアクセスできないのではないかと言う心配があるからです。

情報ありがとうございます。Lionは、ユーザ認証にDHX2が必要だそうです。netatalk 2.0.4以降は、DHX2に対応しているそうですが、それより前のnetatalkだと、ダメだそうです。

LANDISK Home HDL4-Gのnetatalkのバージョンは、2.0.2です。古すぎる〜。

このバージョンだと、Lionはおろか、Snow Leopardでも問題があるはずです。確認していませんけれど…。

それで、ParallelsにDebian Sargeをインストールして調査した結果、Debian Sargeには、netatalk 2.2beta4をインストールする事は無理と言う事がわかりました。

次のパッケージは、インストールできました。

# apt-get install libssl-dev (uams_dhx.soを使う時に必要)
# apt-get install libslp-dev (SLPのために必要。使わなければ無くても良い)
# apt-get install libldap2-dev (LDAPのために必要使わなければ無くても良い)
# apt-get install libacl1-dev (ACLのために必要使わなければ無くても良い)

これだけは、見つかったのですが、他の重要なパッケージが見つかりません。

がありません。そして、致命的なのが、Berkley DBのバージョンです。

バージョン4.3までしか無い上に、devパッケージが見当たらないのです。う〜ん。

netatalkでは、バージョン4.6以降が必要です。

Debian Sarge (3.1)のままのLANDISK Homeのnetatalkは、バージョンアップできません…。

LANDISK Homeは、クソ遅いので、利用価値があまり無いのですけれど…。

多分、使っていないPCにLinux(Ubuntu)を入れて、ハードディスクをつないで、netatalkを動かした方が手っ取り早いです。アクセス速度も速いはず。

今、使っていないDellのデスクトップがあるので、これを仕立てるのが早いのか…。でも、電気代が不安だし、計画停電も厄介です。

もう少し、LANDISK Homeで粘ってみます。

IODATAが、updaterを出してくれれば良いのですけれど…。

素直に、TimeCapsuleを買えって話も…。

Debian SargeのLANDISKにはnetatalk 2.2beta4をインストールできない”に“4”個のコメント
  • HAT より:

    可能性としては、ライブラリ関係はtarballから入れる方法があります。
    このとき、インストール先を/usr/local/以下にしておけば、元々入っているものを上書きしません。
    netatalkのconfigureオプションでライブラリ関係のパスを指定すれば、うまくいくと思います。
    古いCentOSにおいて、Berkley DBだけtarballだけ入れておいて、netatalkのrpmパッケージでconfigureオプションだけ修正してインストールしている実例があります。

  • お市 より:

    HATさんへ、こちらへもコメントありがとうございます。
    なるほど、パッケージに頼らずに、自力でライブラリを準備すれば良いのですね。
    最近、パッケージの便利さに慣れてしまったので、思いつきませんでした。
    試してみたいと思います。
    LANDISK Homeの記事を見ていると、自力でetchやlennyにupgradeしている方がいらっしゃいます。こちらの方向で考えていました。
    sargeのまま、どこまでできるか、挑戦してみたいと思います。

  • HAT より:

    予め先取りしたnetatalkパッケージを入れておけば、今後upgradeしたとき、Debianオリジナルのnetatalk 2.2beta4に勝手に置き換わるという効能があります。
    tarballでライブラリをいれてグチャグチャにするより、lennyとかにupgradeしてから、全てパッケージのみで管理するのが美しいと思うのですが。

  • お市 より:

    HATさんへ、再びコメントありがとうございます。
    う〜ん、そうですか…。やはりlennyですか…。
    upgradeに失敗したときの為に、NASのシステム領域のバックアップを取りたいのですが、ちょっと面倒そうで、躊躇しています。
    netatalkのインストールは、いろいろな方法を試してみます。

コメントを残す