プラスα空間

ブログ in お市 のーと

光ポータブルPWR-100FのクライアントにWindows7追加[追記あり]

光ポータブルPWR-100Fに、クライアントPCを追加しました。Windows7のNotePCです。接続ツールを使わず、手動で設定しました。

  1. 「すべてのコントロールパネル」→「ネットワークと共有センター」を開く(タスクバーのアンテナアイコンからでも開ける)
  2. 「新しい接続またはネットワークのセットアップ」を開く
  3. 「ワイヤレスネットワークに手動で接続します」を選んで「次へ」
  4. 次の値を入力して「次へ」
    • ネットワーク名: 電池ボックスの内のSSID
    • セキュリティの機能: WPA2-パーソナル
    • 暗号化の種類: AES
    • セキュリティーキー: 電池ボックス内のパスワード
  5. 「閉じる」

光ポータブルの設定で、「ANY接続」に「許可する」のチェックを外していると、接続できないようです。

  1. 「ワイヤレスネットワークの管理」から、今登録したネットワークをダブルクリック
  2. ウィンドウが開くので、「ネットワークが名前(SSID)をブロードキャストしていない場合でも接続する」にチェック

これで、接続できるようになると思います。タスクバーのアンテナアイコンをクリックして、接続してみて下さい。

(追記 2011-05-22 00:37 「ネットワークが名前(SSID)をブロードキャストしていない場合でも接続する」のは、あまり良くない設定のようです。詳しくは、次の記事をご覧下さい。
光ポータブルPWR-100Fの設定変更: プラスα空間 )

出先では3G経由でインターネットに接続、自宅ではクレードル経由でインターネットに接続します。

NotePCには、ケーブルをつながなくても、無線でつながります。外出時と自宅とで、Windows7の設定を変える必要がありません。

やっぱり、光ポータブル、便利です。

なお、Windows7は、DHCPでアドレスを取得する設定になっています。

多分ですけど、BuffaloのPWR-PGでも、同じ使い方ができると思います。

【関連記事】

コメントを残す