プラスα空間

ブログ in お市 のーと

外国からのアクセス

三日前の記事を書いた後に、アクセス解析を見ていて驚いた事があります。その日に書いた記事が、ドイツ語に翻訳されて読まれている…。

えぇーっ、翻訳に堪えられるような、日本語を書いていないよー。

ドイツ語だとわからないので、英語に翻訳して読んでみました。あ、結構意味が通じるかも…。

でも、主語が無いために、明らかにおかしい部分があります。その部分に関して、元の文章を直しておきました。ドイツ語に翻訳すると、どうなるかわかりませんけれど…。

それと、もう一件。英語の掲示板に、私の記事へのリンクが紹介されていました。

Linuxでの手順を詳しく書いているだけなので、日本語部分を読まなくても平気なのかな?

翻訳しやすい文章を書こうとすると、文章が固くなってしまうので、このブログでは、あまり気にしない事にします。

ただ、日本語として意味が通じる/読みやすいと言う事には、いつも注意しています。

外国からのアクセス”に“6”個のコメント
  • HAT より:

    たぶんFrank Lahmです。
    英語の掲示板ってのは、どこですか?

  • お市 より:

    HATさんへ、コメントありがとうございます。
    まさか、この記事も読まれているとは、驚きです。
    つぶやきのつもりで、元が何であるかを隠すような書き方をしてしまいました。
    Frank Lahmさんは、Netatalkの開発者の方ですね? ドイツの方ですか。
    本当に、記事を書いた直後くらいにアクセスされていて、ビックリしました。
    英語の掲示板は、Ubuntuのフォーラムです。
    http://gutsywww.ubuntuforums.org/showthread.php?p=9858636
    http://ubuntu-ky.ubuntuforums.org/showthread.php?p=9840668
    URLは違いますが、中身は同じみたいです。
    netatalk 2.1.3の記事を書いた時に、私が書いた記事を、たまたま見つけたと言う程度のようです。

  • HAT より:

    私のページのリンクを辿ったんじゃないでしょうか。
    私のブログのnetatalk関連記事と、音楽関連記事は大抵ドイツ語変換して読んでるみたいですから。
    ドキュメント類でドイツ語訛りがあったら、それはFrank Lahmが書いたもので
    す。isがistとか、andがundとか。

  • お市 より:

    HATさんへ、再びコメントありがとうございます。
    なるほど、HATさんのブログからですね。
    HATさんのブログに紹介されたのも、早い時間だったので、ビックリしました。
    これからは、ドキュメントも注意してみたいと思います。

  • なつうめ より:

    HP、ブログの力というのは、すごいですねー。
    どんな言語でも、簡潔で意味が取りやすく、かつ、表現がよく伝わる、というのが、いいですよね~。
    それを意識したのは、「NHKラジオ実践ビジネス英語」講師の杉田敏(さとし)先生の講座や、
    トピック、テキストの文章からでした。(気に入ってるので、何度も同じ文章かもしれません)。
    時事問題を取り上げてる文章は、日本語訳だけ読んでても面白いです!
    音声データをウォークマンに移して、通勤時に聞いています。

  • お市 より:

    なつうめさんへ、コメントありがとうございます。
    そうなんです。ブログは、世界中からアクセスされます。
    読まれる人口を増やすには、英語で書くのが良いかもしれません!!
    でも、そんな事をしたら、日本で読む人が激減するので、しませんけれど…。
    英語で書くのは疲れますし…。
    読みやすさは重要ですね。技術系の記事を書く時は、正確さ、再現方法に重点を置いて書いています。
    「NHKラジオ実践ビジネス英語」は、以前教えていただいた所ですね。せっかく教えていただいたのですが、聞いていないんです…。すみません。

コメントを残す