プラスα空間

ブログ in お市 のーと

Ubuntu 10.04にnetatalk 2.1.4インストール

netatalk 2.1.4がリリースされましたので、アップデートしました。netatalk 2.1.4がリリースされたのは、Netatalk and Sambaを見て知りました。HATさん、ありがとうございます。

インストール方法は、Ubuntu 10.04にnetatalk 2.1.3インストールと同じです。

今回は、次の方針にしました。

今回は、"afp_signature.conf"の置き場を変えるという小細工を止めました。

全体のインストール手順を大まかに書くと、次の様になります。

  1. 関連ツールインストール
  2. Netatalk本体インストール
  3. Netatalk設定
  4. avahi-daemon設定

最初は、難しいかもしれません。netatalk 2.1.4 (安定版) リリース:HAT blog に、インストール事例へのリンクがいくつも載っているので、参考になると思います。 Netatalk and Sambaに、色々大事な事が書かれているので、読んだ方が良いと思います。HATさんに感謝です。

まず、1です。netatalk 2.1.4をインストールする前に、Berkeley DB(libdb4.8-dev)、OpenSSL(libssl-dev)、Libgcrypt(libgcrypt11-dev)をインストールしておく必要があります。SLPに対応させるなら、OpenSLP(libslp-dev)も必様です。インストール手順は、Ubuntu 10.04にnetatalk 2.1.3インストールをご覧下さい。

私は既に前回インストール済みなので、今回のインストール作業は不要でした。

次は、2です。2の手順は、次の様になります。

  1. パッケージダウンロード&展開
  2. configure
  3. make
  4. sudo make install

パッケージ化されていない、一般的なソフトウェアのインストール手順と同じです。

2-1です。Netatalkパッケージをダウンロードして、展開します。

$ cd
$ mkdir work
$ cd work
$ mkdir netatalk
$ cd netatalk
$ wget http://sourceforge.net/projects/netatalk/files/netatalk/2.1.4/netatalk-2.1.4.tar.gz/download
$ tar xvzf netatalk-2.1.4.tar.gz

2-2です。configureします。

$ cd
$ cd work/netatalk/netatalk-2.1.4
$ ./configure --enable-debian \ (UbuntuはDebian系なので)
> --enable-srvloc \ (SLPのために必要)
> --prefix=/usr \ (できたファイルは/usr以下に置く)
> --with-pkgconfdir=/etc/netatalk \ (設定ファイル置き場)
> --with-uams-path=/usr/lib/netatalk (ユーザ認証ライブラリ置き場)

SLPに対応させているのは、我が家に、Mac OS 9.2.2(Performa 5420)が一台残っているからです。でも、ここ何年かPerformaを使っていないので、SLPに対応させるのは、意味が無いかもしれません。

configureの結果です。

Using libraries:
    LIBS =  -L$(top_srcdir)/libatalk
    CFLAGS = -I$(top_srcdir)/include -D_U_="__attribute__((unused))" -g -O2 -I$(top_srcdir)/sys
    SSL:
        LIBS   =  -lcrypto
        CFLAGS =  -I/usr/include/openssl
    LIBGCRYPT:
        LIBS   = -lgcrypt
        CFLAGS =
    BDB:
        LIBS   =  -ldb-4.8
        CFLAGS =
    SRVLOC:
        LIBS   =  -lslp
        CFLAGS =
Configure summary:
    Install style:
         debian
    AFP:
         AFP 3.x calls activated: yes
         Large file support (>2GB) for AFP3: yes
         Extended Attributes: ad | sys
         DDP enabled: yes
    CNID:
         backends:  dbd last tdb
    UAMS:
         DHX     ( SHADOW)
         DHX2    ( SHADOW)
         RANDNUM ( SHADOW)
         passwd  ( SHADOW)
         guest
    Options:
         CUPS support:           no
         SLP support:            yes
         tcp wrapper support:    no
         quota support:          yes
         admin group support:    yes
         valid shell check:      yes
         cracklib support:       no
         dropbox kludge:         no
         force volume uid/gid:   no
         Apple 2 boot support:   no
         ACL support:            no

2-3です。コンパイルします。

$ cd
$ cd work/netatalk/netatalk-2.1.4
$ make

2-4です。インストールします。

$ sudo service netatalk stop
$ cd
$ cd work/netatalk/netatalk-2.1.4
$ sudo make install

インストールされたバージョンを確認します。

$ /usr/sbin/afpd -V
afpd 2.1.4 - Apple Filing Protocol (AFP) daemon of Netatalk
This program is free software; you can redistribute it and/or modify it under
the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software
Foundation; either version 2 of the License, or (at your option) any later
version. Please see the file COPYING for further information and details.
afpd has been compiled with support for these features:
        AFP3.x support:	Yes
      Transport layers:	TCP/IP DDP
         CNID backends:	dbd last tdb
           SLP support:	Yes
  TCP wrappers support:	No
         Quota support:	Yes
   Admin group support:	Yes
    Valid shell checks:	Yes
      cracklib support:	No
        Dropbox kludge:	No
  Force volume uid/gid:	No
             afpd.conf:	/etc/netatalk/afpd.conf
    afp_signature.conf:	/etc/netatalk/afp_signature.conf
   AppleVolumes.system:	/etc/netatalk/AppleVolumes.system
  AppleVolumes.default:	/etc/netatalk/AppleVolumes.default
       UAM search path:	/usr/lib/netatalk/
  Server messages path:	/etc/netatalk/msg/

3のNetatalkの設定です。

一度インストールしてあると、設定ファイルがそのまま使われるようです。インストールスクリプトを見たところ、設定ファイルがあれば、上書きしない様になっていました。

自分で設定するのは、次のファイルです。

実際の設定は、Ubuntu 10.04にnetatalk 2.1.3インストールをご覧下さい。

設定が終わったら、netatalkを起動します。

$ sudo service netatalk start

4のavahi-daemonの設定も、Ubuntu 10.04にnetatalk 2.1.3インストールをご覧下さい。一度設定してあれば、avahi-daemonの設定もそのまま使えます。

設定するのは、次のファイルです。

avahi-daemonは、設定ファイルを置けば、daemonを再起動しなくてもすぐに反映される様です。

もし、avahi-daemonが動いていない様でしたら、次のコマンドで起動して下さい。

$ sudo service avahi-daemon start

以上で、おしまいです。

なお、PowerMac G4/MDDで動いている、Ubuntu 10.04にインストールしました。

Ubuntu 10.04にnetatalk 2.1.4インストール”に“2”個のコメント
  • いいblogですね
    読んでしまいました
    ありがとう

  • HAT より:

    netatalk 2.2alpha1 リリース

    netatalk 2.2alpha1 がリリースされています。 Netatalk – Networking Apple Macintosh through Open Source まだちゃんと調べてませんが、以下のような変更点があります。 adコマンドにcp, rm, mvの機能を追加。これに伴いafile, achfile, apple_cp, apple_mv, apple_rmコマンド削除 動的なディレクトリとCNIDのキャッシュ。 POSIX 1e ACLサポート。つまりSolaris以…

コメントを残す