プラスα空間

ブログ in お市 のーと

DRC-BT60P買いました(ソフトバンク912SH編)

SonyのBluetoothレシーバ、DRC-BT60P/R(赤)を買いました。

ソフトバンクの携帯電話912SHで使ってみました。ペアリングは、次の記事の通りです。

あまり詳しく書かずに申し訳なかったので、もう少し詳しく書きます。

  1. DRC-BT60をペアリングモードにする(Home→Bluetooth→Pairing→OK)
  2. 912SHで周辺デバイス検索(メニュー→設定→外部機器→Bluetooth→周辺デバイス検索)
  3. 「DRC-BT60」が見つかるはずなので「登録」
  4. パスキー”0000″入力し「OK」

912SHで、音楽再生してみました。当たり前ですけれど、きちんと再生されます。再生一時停止・再開、曲送り・戻し、音調調節もできます。

曲を止めている間のホワイトノイズは、かなり小さいです。ほとんど聴こえません。

音楽再生の途中で着信が入ると、自動的に一時停止になります。通話が終了すると、自動的に再生が再開されます。

音楽再生の途中で「FM」ボタンでFMラジオモードにすると、音楽再生が一時停止になります。「再生」ボタンを押すと、FMラジオが終了し、音楽再生になります。

音楽再生の途中で、DRC-BT60の電源を切ると、メディアプレイヤーが終了します。

ムービーを再生してみました。映像と音声のずれがあるのかどうか、良くわかりませんでした。ビデオモードと言うのがあるので試してみたのですが、違いがわからないのです。

ムービーの再生途中で、DRC-BT60の電源を切ると、メディアプレイヤーが終了します。

ワンセグ番組の視聴もしてみました。ちゃんと、接続できます。SCMS-Tに対応しています。

曲送り・戻しボタンで、チャンネル切り替えができます。

ワンセグ試聴途中で、DRC-BT60の電源を切ると、音声がミュート(ボリュームが0)になります。親切設計ですね。

電話の着信があると、DRC-BT60の画面に、電話番号が表示されます。その機能があるのは知っていたのですが、912SHも対応していて嬉しかったです。

着信すると、着信履歴がDRC-BT60に残ります。着信履歴を利用して電話をかける事ができます。Home→電話→Received Callで、電話番号が表示されます。希望の番号で、「再生」ボタンを押すと、ダイヤルされます。

リダイヤル機能も使えました。Home→電話→Redial→再生です。

どちらの機能も、912SHのセキュリティ設定の「キー操作ロック」がかかっていると、使えません。外す必要があります。

私は、「キー操作ロック」は「自動」のままにしています。他人にいじられるのがイヤなので。

Home→電話→Voice Dialは、使えませんでした。残念。

ちなみに、912SHからの音楽再生をできるようにしたままだと、iPod touchからつながらなくなるので、接続を解除しておきます。メニュー→設定→Bluetooth→登録済みデバイス→オーディオ→DRC-BT60→切断です。

この状態で、通話は912SH、音楽再生はiPod touchと言う使い方が出来ます。

結論。DRC-BT60Pと912SHと言う組み合わせは、結構良い!!

コメントを残す