プラスα空間

ブログ in お市 のーと

Ubuntu 9.10にavahiインストール[追記あり]

Ubuntu
9.10にnetatalk 2.1.2インストール
したので、とりあえず、使える様になりました。でも、Mac OS X側で、直接アドレスやホスト名を入れなければならないので不便です。次の所を見て、設定しました。ありがとうございます。

まずは、avahi-daemonのインストールです。

$ sudo apt-get install avahi-daemon

すでに入っているかもしれません。私の場合、一度avahi-daemonを消してから(sudo apt-get remove avahi-daemon)、再度avahi-daemonをインストールしました。こうしなければ、Ubuntu起動時に、avahi-daemonがスタートしなかったためです。

設定ファイルを作ります。

$ cd /etc/avahi/services
$ sudo vi afpd.service
$ sudo vi adisk.service

afpd.serviceの中身です。

<?xml version="1.0" standalone='no'?>
<!DOCTYPE service-group SYSTEM "avahi-service.dtd">
<service-group>
  <name replace-wildcards="yes">%h</name>
  <service>
    <type>_afpovertcp._tcp</type>
    <port>548</port>
  </service>
</service-group>

adisk.serviceの中身です。Time Machine対応ディスクは、"Ubuntu Capsule"と言う名前にしています。ただし、adVNに登録するときは、ダブルクオーテーションマークをつけてはダメな様です。

<?xml version="1.0" standalone='no'?>
<!DOCTYPE service-group SYSTEM "avahi-service.dtd">
<service-group>
  <name replace-wildcards="yes">%h</name>
  <service>
    <type>_adisk._tcp</type>
    <port>9</port>
    <txt-record>sys=adVF=0x100</txt-record>
    <txt-record>dk0=adVN=Ubuntu Capsule,adVF=0x81</txt-record>
  </service>
</service-group>

avahiをリスタートします。

$ sudo restart avahi-daemon

これで、Mac OS XのFinderで、見える様になりました。

また、システム環境設定のTime Machineの「ディスクを選択…」で、"Ubuntu Capsule"が見える様になりました。

Mac OS Xのインストールディスク(Leopard/Snow Leopard)の「ユーティリティ」→「バックアップからシステムを復元…」でも見える事を確認しました。

これで、もしもの時も安心です。

HATさんのブログに、Ubuntu
9.10にnetatalk 2.1.2インストール
へのリンクを追加していただきました。ありがとうございます。

(追記 2010-07-13 22:29)HATさんより、avahi-daemonは、設定ファイルを常時監視しているのでは? とコメントをいただきました。私も試してみた所、設定ファイルをおいた瞬間に、netatalkのサーバが見えるようになりました。avahi-daemonの再起動は、不要なようです。

Ubuntu 9.10にavahiインストール[追記あり]”に“2”個のコメント
  • HAT より:

    私のところでは、設定ファイルを置いた瞬間にMac OS XのFinderから見えるようになりました。どうやらavahiは設定ファイルを常時監視しているように見えます。

  • お市 より:

    HATさんへ、コメントありがとうございます。
    週末にでも、試してみたいと思います。

コメントを残す