プラスα空間

ブログ in お市 のーと

レグザブルーレイRD-X10発表

東芝から、Blu-ray対応のRDシリーズが発表になりましたね。ブランドがVARDIAからREGZAに変更になったようです。

Blu-rayの他に、AVCRECとHD Recにも対応しています。ただし、HD Recは再生のみ…。まあ、Blu-rayに記録できるようになれば、AVCRECやHD Recでの記録は使わないでしょうね。メディアは安いのですが、枚数がかさんで、保管が大変です。AVCREC/HD RecされたDVDの再生だけできれば十分です。

DR(放送波)からAVCに変換するのが、2倍速でできるみたいです。従来は等速しかありませんでした。私は使わないとは思うのですけれど、進化ですね。

USB外付けハードディスクを増設できます。2TBのドライブを8台まで。USB HDDを増設できるなら、Blu-ray記録も要らないかも。怖いのは、本体が壊れちゃった時ですが…。そのUSB HDDを再生する手段が無くなります。

細かい事ですが、録画のりしろ機能(番組の前後5秒間も録画)に対応しています。NHKの朝ドラを録画する時に、必須なんですよ。

今までの、RDシリーズに入っているものは、全部入っているような感じです(全て調べた訳ではありません)。

でも、かなりショックだったのは、DVD-RAMは再生のみで、記録できない事です。私は多量のDVD-RAMメディアを持っているのに…。と言うか、再利用できる事前提で、DVD-RAMばかり買ってきたのに…。多分、Blu-rayとDVD-RAM書き込みを両立できるドライブが無いのでしょうね…。USBの外付けDVD-RAMドライブに記録できるようになったら良いのに…。

フラッグシップ機のRD-X10は、11月下旬発売みたいです。いくらくらいになるのでしょうか? 欲しいなぁ。

レグザブルーレイRD-X10発表”に“2”個のコメント

コメントを残す