プラスα空間

ブログ in お市 のーと

胃カメラ[追記あり]

人生初体験です。辛かった…。

一応、喉には麻酔をかけるのですが、実際に喉をカメラが通る時の気持ち悪さと言ったら、言葉に出来ません。涙が出て来ました。喉を通る時、ずーっと、オエーッとなっています。

呼吸は、鼻から吸って、口からはく様にします。最初、これが出来ず、体に力が入っていたのも、辛かった原因かも…。

途中、ゲップが出たり我慢したり。十二指腸まで診て貰ったので、お腹の中で押される感じがしたり…。

もう、二度としたくないです…。

でも、胃カメラの方法には別の方法もあって、喉の麻酔の代わりに、半分眠った状態にしてからする方法があります。こちらの方が、負担が少なくて良いと思います。ただ、検査が終った後、休ませなければならないので、数をこなす病院向きでは無いのでしょう。

先生に聞いたところ、休ませる事の問題も確かにあるけど、ゲップを止められない事に問題があるそうです。重要な所でゲップをされると、診たい所をきちんと診られないそうです。

(追記 2010-01-17 12:00)胃カメラで診察してもらっている間、先生から色々助言がありました。「ゲップがでますよ。出していいですよ」「ここはゲップを我慢して下さい」「お腹が押された感じになりますよ」とか。助言通りに診察が進んで行ったので、安心出来ました。

コメントにも書きましたけど、鼻から入れるタイプの胃カメラもあるようです。鼻からの方が、患者の負担は少ないようですが、口からの方が利点が大きいようです。最初に見つけたリンクを紹介しておきます。

胃カメラ[追記あり]”に“2”個のコメント
  • りば より:

    お疲れ様でした
    胃カメラですか…
    私の掛かり付けの病院では、鼻から入れる胃カメラがあるらしいです
    径も細くて、口からよりは楽らしいです
    試したこと無いから、「らしい」ばかりでごめんなさい

  • お市 より:

    りばさんへ、いつもコメントありがとうございます。
    鼻からの胃カメラは、私も新聞で読んだ事があります。
    負担は少ないらしいですが、径が細い分、口から入れる胃カメラよりも不利と言う事が書かれていたと思います。
    やはり、きちんと診ようとすると、起きた状態で、口から入れるしかないのでしょうか…。

コメントを残す