プラスα空間

ブログ in お市 のーと

912SHとDR-BT21G

ソフトバンク(Softbank)912SHとソニー(Sony)DR-BT21Gをペアリングしてみました。912SHはアクオスケータイ、DR-BT21GはBluetoothのネックバンド型ヘッドセット(ヘッドホン)です。

912SHと手持ちのヘッドセットをつないでみたに、ソニーのDR-BT30Qとペアリングさせた状況を書いています。

ソニープラザに行ったら、DR-BT21Gの実機が置いてあって、自由に触れました。それで、私の912SHと店頭のDR-BT21Gをペアリングさせてみました。ペアリングは、DR-BT30Qと同じ方法で、電源Off状態→電源ボタン長押しでできます。パスキー(パスワード、パスコード)は、"0000"です。

DR-BT30Qでは聞けなかった、912SHのワンセグの音声がばっちり聞けました。なぜなら、DR-BT21GはSCMS-Tに対応しているからです(DR-BT30Qは、SCMS-Tに対応していません)。

ワンセグを見る時も、AVRCP(リモコンの事)に対応しているみたいで、ヘッドセットの曲送り、戻しボタン(ジョグスイッチ)で、チャンネルの切り替えができます。

音切れ(音飛び)が発生するかを試してみました。912SHをズボンの左ポケットに入れて、音楽を再生してみました。音切れしました。受信感度は、DR-BT30QとDR-BT21Gでは差がないようです(あくまでも、感覚的にです)。

音切れはする物の、音質はDR-BT30Qと同じような感じでした。有線のヘッドホン(イヤホン)には負けますが、Bluetoothヘッドホンと言うことを考えれば、十分です。

911TとDR-BT21G という記事を読むと、DR-BT21Gには、通信するビットレートを下げて、音切れをしにくくする方法があるみたいです。試してみたかったのですが、やり方を覚えていなくて、できませんでした。

ヘッドセットなので、ハンズフリーで通話できるはずです。マルチファンクションボタンの長押しで、発信(リダイヤル)される所まで確認しました。通話そのものは試しませんでした。

DR-BT21Gのフィット感は抜群です。DR-BT30Qよりも数段良いです。しっかりホールドされている感じです。

ただ、収納時のコンパクト性は、DR-BT30Qの方が良いです。DR-BT21Gは、折り畳めて、それなりにコンパクトにはなりますが、DR-BT30Qよりもかさばります。

どうしようかなー。欲しいなー、DR-BT21G。でも、ワンセグ自体を、あまり見ないと言う事実もあるし…。ヨドバシカメラとビックカメラのポイントが貯っているので、その分で購入することも可能なのですが…。

912SHとDR-BT21G”に“2”個のコメント

コメントを残す