プラスα空間

ブログ in お市 のーと

LANDISK Homeでわかったこと[追記あり]

LANDISK Home(2.0TB)買っちゃいました の後でわかった事いろいろ。

LANDISK HomeはBonjourに対応しているみたいです。Safariを使ってアクセスすると、BonjourにLANDISK Homeが現れます。これには驚きました。

(追記 2010-06-23 23:41 Bonjourは、iTunes用でした。)

LANDISK Homeは、Mac OS Xからディスクをマウントする時の方法として、smbfsとafpの二種類が選べます。

smbfsでマウントすると、ファイル名に":"(Mac OS XのFinder上では"/"に見える)が使えません。afpとしてマウントしている時は、":"("/")が使えます。afpでマウントしておいて、":"("/")付きのファイルを作ると、smbfsでマウントした時に、文字化けします。

smbfsでマウントすると、ファイル名の大文字・小文字が区別されません。afpでマウントすると、大文字・小文字が区別されます。

afpでマウントする時は、ゲストあるいは登録ユーザのどちらかしか選べません。(LANDISK Homeの仕様なのか、Mac OS Xの仕様なのか分かりません。多分、Mac OS Xの仕様)

I-O DATAのカタログでは、Mac OS 9のサポートはされていませんが、Mac OS 9からでもLANDISK Homeのディスクをマウント出来ます。アップルメニュー→セレクタ→AppleShareを選んで、サーバーのIPアドレスを指定します。(Mac OS 9での使用を保証する物ではありません)

smbfsでもafpでも、Mac OS Xからはゴミ箱が使えません。これはカタログにも載っている事なのですが、やはり不自由です。

でも、Mac OS 9で使った時は、ゴミ箱が使えました。なぜなんでしょう?

LANDISK Homeのディスクを、Mac OS Xのログインホームディレクトリにしようと試みているのですが、予想以上に障壁が高そうです。

コメントを残す