プラスα空間

ブログ in お市 のーと

912SHの情報発見

Softbank(ソフトバンク)の2007年6月の総合カタログを見ていたら、b31ページに非常に有益な情報を発見しました。先日の記事、Softbank 912SHに期待を書いている時にはわからなかったことですが、912SHは、ビデオの音声もBluetoothで聞けるようです。「ワイヤレス対応AVプレイヤー機能」と明記されています。また、AVRCPにも対応していることがわかりました。AVRCPに対応しているということは、ヘッドセットから912SHを操作出来ると言うことを意味します。

なぜ、ビデオの音声をBluetoothで聞けることにこだわるかと言うと、録画しておいたテレビ番組を3gp形式に変換→ケータイ電話に転送→外出先で視聴したいからです。3gp形式への変換については、Toast7の便利な使い方にまとめてあります。

あれ? 912SHは、ワンセグでテレビ番組を録画出来るから、パソコンからケータイへ転送しなくても良いんだ! 転送が必要なのは、BS(アナログ)番組を録画した時とか、DVDを見たい時なんだな。

総合カタログのb31ページを見ていて疑問に思ったのは、付属アプリケーション"SD-MobileImpact"は有線接続でしか、データを転送出来ないのか? と言うことです。このソフトは、録画した番組の転送に使うみたいだから、Bluetoothでは転送速度が遅すぎて、実用的じゃ無いって事なのかな?

新たな疑問も生まれましたが、一つの疑問がクリアされました。でも、このケータイを買うかどうかは、買った人の評判を聞いたり、実機を触ったりしてから決めます。

コメントを残す