アナログ生活

日常生活についての色々 in お市 のーと

東芝の悲劇 (幻冬舎単行本)

書名東芝の悲劇 (幻冬舎単行本)
著者大鹿靖明本の所在Kindle
出版社幻冬舎価格1,382円
出版年2017年09月20日評価★★★★★
読書期間2017年11月03日〜2017年11月27日
心に残った言葉

次第にイエスマンばかりが起用され、東芝の伝統だった経理・人事・総務部門の公平性や中立性は損なわれていった。

第3章 危機意識 より

西室泰三がけしかけ、西田厚聰と佐々木則夫が猪突猛進したWHの買収は、東芝にとって全く大失敗であった。

第6章「騙された」より

感想

膨大な資料から、東芝に何が起きていたのかをつまびらかに説明しています。情報源と参考文献のページだけで、26ページもあります。

この本を読むと、どのような経緯を経て、東芝がダメになってしまったのかがわかります。結局、西室泰三を黒幕として、実行犯の佐々木則夫と言う感じでした。ただ、これらの人が一気にダメにしてしまったのではなく、少しずつボタンが掛け違えられ、最終的に収拾がつかなくなってしまったように思えます。

ウェスチングハウス(WH)の買収から損失に関しては、イギリスの会社(BNFL)とアメリカの会社(CB&I, S&W)にしてやられたと言う感じでした。ですが、WH破綻の責任者の志賀重範が公に説明することなく遁走したことには、同情の余地はありません。

これらすべての失敗は、経営者の責任のようです。人災です。これらの経営者を誰も止めることができなかったのが、悲劇ですね。上役の方ばかり向いているからですね。(一部の人は逆らったようですが、弾かれたようです)

東芝の悲劇

読書記事

コメントを残す