アナログ生活

日常生活についての色々 in お市 のーと

6. 費用

使う機材によって変わりますが、用紙代、印刷費、封筒代、切手代が必要です。

一部、A4表裏2枚4ページ(用紙2枚)とすると、かかる費用は次の通りです。

項目計算式単価
用紙代280円/250枚2.24
印刷費8.7円/1ページ34.8
封筒代230円/100枚2.3
切手代82円82
合計121.34円

合計で、約122円です。切手代とインク代が大きな割合を占めます。もし、手渡しが可能でしたら、切手代と封筒代が不要になりますね。代わりに交通費が必要かもしれません。

家族新聞発行費用内訳

人件費を計算すると、ちょっと大変な事になります。私の場合、実質的な作業時間が20時間位になります。ほぼ最低賃金として時給800円とすると、16,000円です。

20部発行すると、一部当たり800円です。先ほどの費用に加えると、一部約922円です。実際には、時給がかかっている訳ではないので、一部発行するのにかかる料金は、約122円と言う事になります。

PDFにして、メールなどで送付すれば、切手代もインク代も不要になります。ですが、最初に書いた通り、次の理由で紙で郵送にこだわっています。それは、高齢の親や、パソコンやスマートフォンを持っていない読者は、紙で印刷された物でないと読めません。また、複製や転送される危険性を考えると、紙の方が安全だと思うからです。

【目次】

  1. 家族新聞とは(作る目的)
  2. 機材
  3. 発行頻度
  4. 作り方
  5. 送付方法
  6. 費用
  7. 収納方法
  8. 効用
  9. 家族新聞テンプレート

コメントを残す