アナログ生活

日常生活についての色々 in お市 のーと

あざみの花

書名あざみの花
著者豊川豊子本の所在友人
出版社長周新聞社価格1600円+税
出版年2017年06月20日評価★★★★☆
読書期間2017年07月30日〜2017年07月30日
心に残った言葉

そこに居合わす医師も父もそして私たち子どもも、死の淵を這いずり回る母の残虐とも言える苦しみを息を殺して見つめていた。

P29

歯も合わないほどやせ衰えた父が『原爆さえなかったら!!』と畳を叩いて号泣した後ろ姿はあまりにも残酷すぎて眼裏に貼り付き、今でも拭い去ることができない。

P33

感想

72年も前の被災が、今も心の中に影を落としている。体は健康であったとしても、心には傷跡が残っている。

原爆だけを憎しんでも解決しないことはわかっているけれど、原爆が無ければ苦しむ必要がなかったのにと思うと、切なくなります。

読書記事

あざみの花

コメントを残す